上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
image/entry_bottom.gif

20060612103253.jpg

昨日の朝・・・
いつもと同じように起き・・・
ふと・・カウンター(リビングの棚)に目をやると・・・

!!!
20060612060213.jpg

『ニモ』というのは・・・
昨年7月、小学校のバザーで
子供達が金魚すくいですくってきた金魚のことです。
持ち帰った多くの金魚がバタバタと行く中・・
『最後の生き残り』でした。
酸素ブクブク器具もない、小さな虫かごで(←ひどい飼い主よね
強くたくましく育っていたニモ・・(T_T)

前日まで元気に泳いでいたのに・・・
ショックでした(T_T)ガ~ンガ~ンガ~ン

子供達に言うと・・・
20060612074507.jpg
と、軽く私をせめたものの・・
特にショックを受けている様子はなく・・。(それもショックだったわ

・・・・・・・・・
さてさて・・・
あの世に行った金魚を・・・
20060612080006.jpg

と悩んでいた私。
売っている魚は触れるし、さばけるんだけれどね
やっぱりちょっとね・・・(^_^;)

そこで・・・
20060612081032.jpg
と、ぴー子に言うと・・・・
嫌がる事もなく一人洗面所でニモを取り出していました。
20060612082808.jpg

普通は・・気持ち悪がったりするもんだろうよ・・・
・・・ぴー子よ・・・神経・・大丈夫か???

そして・・・
ぴー子とうー子は二人で・・・・
20060612084050.jpg

とっても楽しそうに・・・・・・・
えっ??ええ~~楽しそうに?????
ぴー子よ、うー子よ・・・
神経・・・病んでるんじゃないか???

しばらくすると・・・
20060612085534.jpg

お・・・おい、おい・・・
神経・・・死んでるんじゃないかあ???

・・・・先行き不安な今日この頃です、はい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  普通の母親だったら・・子供が亡くなったら
   自分の無力さに・・・自分を責めるものです。
   でも彼女は警察ばかりをせめていました。
   不思議です。」

秋田の事件の犯人に対して、テレビのコメンテーターの言葉。

ふと思い出しました。
ほんとだ・・・・。

ニモが死んだ時も・・・
「私がもっと水を換えていたら・・
 エサはちゃんとあげてたかしら(T_T)」
ハムスターが死んだときも・・・
「エサをちゃんとやっていたのかしら・・・
 もっとかわいがってあげれば良かった(T_T)」
ウサギが死んだ時も・・・
「最近お世話に手を抜いてたかも・・・。
 体に負担をかけるエサだと良くないのに・・・
 エサ代ケチって普通のに換えたから??」
・・・自責の念でいっぱいになりました。

『喪失感』での悲しみはもちろんですが・・
『してあげなかった』後悔がとてもつらい(T_T)

たしかに・・・
寿命だったのかもしれない・・・・
でも・・・・
まだまだまだまだ・・長生きできていたのだと・・・
そんな風に考えてしまう・・。
私さえもっとちゃんとしていれば・・・。

いつもいつも後悔するのに・・・
学習できない私。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少しでも・・・
後悔を軽くするために・・・
普段からみんなに優しく・・と思いつつ・・・
・・・・・・・・・・・
20060612101528.jpg

・・・・・・(^_^;)
『後悔が先に立つ』事は、ない。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2006/06/12 10:38 】

日々のくらし | コメント(9) |
image/entry_bottom.gif
<<やる気になれば | ホーム | ドラマ★ドラマ★ドラマ>>
コメント
--- ---

 あんこさんは優しいのです。自分を責めてはいけません。寿命とおもいましょう。
 我が子達も生き物が死んで大変悲しがったのは金魚も1匹目(お墓ありま~す)。ハムスターも1匹目。今4匹目ですがだんだん悲しむ深さが薄くなってますよ~まずいですね。
メリッサ * URL [編集] 【 2006/06/12 15:34 】
--- ---

PS,ニモちゃんは逞しかったですね。安やかに・・・アーメン
メリッサ * URL [編集] 【 2006/06/12 15:39 】
--- ---

こんばんわ。あんこさん
うん、ワタシも責めますね~私自身を。
でも、やっぱり寿命なんだと思います。
安らかに・・・アーメン。って思いましょう。
金魚ちゃんもウサギもハムもみんな幸せだったはず。
「命」の大切さ、よく言われますが、私自身本当にそれを実感できるようになったのは
絶対に失いたくない存在を得てから(ムスメです~)ですよ。
子どもたちには、(わかっていても)やはり大人ほどではない、と思いますが。
黒木太美 * URL [編集] 【 2006/06/12 20:26 】
--- 次男が小さいとき・・。 ---

小鳥を飼っていました。
子供は幼稚園せいでしたが、お世話係でした。
ある朝、小鳥は死んでいました。
寿命だよ。という声と、えさをきちんとあげたの?という私の声。
子供は、激しく自分を責めました。
自分が悪いんだって。
一緒にお墓を作ってあげました。
今でも子供はそのときのことを後悔しています。
peter * URL [編集] 【 2006/06/12 23:36 】
--- ---

メリッサさん、おはようございます(*^_^*)
いえいえ、優しくないのです。勝手に飼って、あとのお世話は適当~(^_^;)
じゃあ生き物飼わなきゃいいじゃん!と思いつつ・・・やっぱり生き物が好き。一番身勝手な飼い主です、はい(^_^;)
 >ですがだんだん悲しむ深さが薄くなってますよ~まずいですね。
はっ!!本当に・・・。初めて飼った時の最初の喜びも段々薄れていくのと比例してるのでしょうか・・・。
 
あんこ * URL [編集] 【 2006/06/13 06:02 】
--- ---

黒木様へ(*^_^*)
「命」の大切さ・・・私は・・子供の頃より「死に対する不安感」がありました。自分の死ではなく・・両親の。
いずれにしろ・・・「失う」ことのつらさを感じる事は、人間にとって不可欠なものですね。
>子どもたちには、(わかっていても)やはり大人ほどではない、と思いますが。
そうですね・・・ぴー子やうー子に・・時々「ママ死なないでね」と言われるととっても切なくなります。「ママの方が年寄りだから順番からいうとママの方が先だけど・・ママは100歳までは生きるから安心してね」と言っています。すると・・・子供達は・・・「順番・・・じゃあ、おばあちゃまかな」と・・・(^_^;)ははははは。

あんこ * URL [編集] 【 2006/06/13 06:09 】
--- ---

peter *さん、おはようございます(*^_^*)
お子さんもとっても優しいんですね。そういう後悔の想いをして悲しみを感じ・・・人の痛みをわかるようになるのだと思います。
 一緒にお墓を作ってあげたpeter さん、優しいお母さんです。
あんこ * URL [編集] 【 2006/06/13 06:13 】
--- ---

あんこさん、どうもです。我が家もメダカが死んだときに生と死を教えたかったのですが、「かわいそう」もなくたんたんと・・・何もなかったのように。
カズビッチ * URL [編集] 【 2006/06/13 12:37 】
--- ---

カズビッチさん、こんにちわ(*^_^*)
メダカ・・そうですね・・・お魚ちゃんの命って・・・(T_T)ですよね。実は・・私も一瞬・・生ゴミと一緒でも・・・と恐ろしいことを考えました。自分では埋められないので・・なんか怖い。・・一番残酷なのは私なのでしょうね・・・ははははは(^_^;)
あんこ * URL [編集] 【 2006/06/13 17:29 】
width=
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 width=
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。